女性の本音 - 女性の男性に対する本音まとめブログです。


by sttam

ふさふさの方が良い? AGA(男性型脱毛症)に対する女の本音

男の抱える外面的なコンプレックスにAGA(男性型脱毛症)があります。

そもそも、男はあまり声を大にして言いませんが、女と同じくらいに外面にコンプレックスを抱きやすい生き物です。

「自分で納得できない」という理由もありますし、「異性にどう思われるか」を気にしている男もいます。

その中で包茎やED以上に目につきやすいのがAGA(男性型脱毛症)で、特に若くしてAGA(男性型脱毛症)に悩まされると厄介です。

ひと昔前は抜け毛・薄毛は加齢に伴うなやみでしたが、今では年齢問わず――言い換えるならば若くてもAGA(男性型脱毛症)に悩まされることが増えてきました。

できることなら歳をとってもふさふさの髪の毛のままでいたいですし、女性にみっともない姿は見せることができませんよね。

では、女性はAGA(男性型脱毛症)に悩む男をどう捉えているのでしょうか。

その本音を紹介します。

結論から言うと、女性は男性が思っているほどAGA(男性型脱毛症)に対して寛容です。

しかし、これは30代や40代、それ以上の年齢でのAGA(男性型脱毛症)という、年齢に伴う自然な薄毛・抜け毛は許せるという話であり、また、自分の好きな人だったら許せるという話です。

裏を返せば若くて抜け毛・薄毛といったAGA(男性型脱毛症)に悩む男性に対して寛容な女性はあまりいなくて、興味ない人の髪の毛がどうであろうと関係ないというのが女性の本音です。

なので、50代などでAGA(男性型脱毛症)の人はそこまで気に病む必要はありませんが、20代でAGA(男性型脱毛症)に悩む人は何らかの対策を試みましょう。

発毛ケアや育毛シャンプー、スヴェンソン式カツラなど昔より数多くのAGA(男性型脱毛症)対策法が用意されています。