女性の本音 - 女性の男性に対する本音まとめブログです。


by sttam

早漏はNG!? 女性の抱く早漏への本音

早漏に悩む男の人は数多くいます。

そもそも、早漏とはどういった状態をさすのでしょうか。

漠然と射精までの時間が早いことを早漏というのは誰もが知っていることだとは思いますが、早いと体感する時間には個人差があるので「10分以上性交できないと早漏」という声もあれば、「2分以上性交できないと早漏」という意見だってまかり通ります。

厳密な定義だと「性交の際にパートナーが満足しないうちに男性が射精してしまうこと」をさし、その時間は定義上では「1分~2分以内」となっています。

しかし、女性側の本音は「自分が満足していないにもかかわらず射精された=早漏」というもので、あまりに長すぎるのは論外だけど、「オルガスムに達していないのに6分とか7分で射精された」という早漏の定義から外れている時間でも、早漏と思われています。

早漏はできる限り治療・改善すべき

では、女性は早漏の男をどう捉えているのでしょうか。

女性の本音を紹介します。

男としては、早漏は「みっともない」「恥ずかしい」「男らしくない」「相手を満足させることができない」とネガティブなものに捉えがちです。

しかし、男性とは逆に女性は早漏を好意的に捉えている割合がかなり多いです。

その理由としては、「私の締まりがそんなに良かったのかな」「そんなに気持ちよかったのかな」と相手に性的な快楽とはまた違う満足感を与えることがあるからです。

この本音の根底には、女性は性交に肉体的な快楽や気持ち良さではなく、精神的な安堵感や充実感を求めていることが多いので、早漏の人はそこまで自虐して自責しなくても、女性は男性が思っているより早漏を恥ずかしいものとして捉えていません。

もちろん、女性のみんながみんな早漏を是として捉えている訳ではありません。

中には男性が危惧しているように「もっと満足させてよ……」と感じている女性もいますので、早漏はできる限り治療・改善して、何の気後れもなしに性交を楽しみましょう。

性病の治療・改善は病院での治療や精力剤を服用することをオススメします。

【参考サイト】>>早漏治療にも使えるサプリはこちら
ゼファルリン